伝統と進化の「博多魚旬」

IMG_1679

スポンサーリンク

福岡市中央区「博多魚旬」

ちょっと頑固親父風の大将が居る「博多魚旬」ですが、風ってぐらいで頑固ってわけじゃありません。

ランチは、700円と1,000円の2種類があるけど、隙あらば1,000円ランチを食べさせようとする大将、「え?700円?良いネタ入ってるよ」といつも1,000円ランチを勧めてきます(笑)

700円ランチは、お吸い物と手巻き1貫と握り10貫ぐらい。

1,000円ランチは、700円ランチに3〜4貫追加されます。

追加されるのは、その日仕入れた良いネタでだいたい中トロ、うになどが入ってきます。

そして、この日は最初の握りに見慣れるモノが乗った握りが登場、思わず「これ何ですか?」と聞くと、あんた何聞いてるの?見て分かるでしょ。ってぐらいのトーンで「ゴールデンキューイ」と返ってきた奥様。

恐る恐る食べてみると、キューイは酢漬け?してあるようで変な甘さは無く、酢飯に意外と合う。寿司って感じは減るけど有っても良いかなと思えました。

最後に出てくれば、お口直しのスイーツ的な感じで良いかもしれませんね。

頑固で伝統を重じんでいるようで新しいモノにもチャレンジする「博多魚旬」で寿司、食べてみる?

↑ 真ん中に中トロ、上にウニ、右に穴子、左がマグロの赤身で、これが1,000円ランチの追加分です。

他に、玉子とお吸い物と手巻き寿司が付いてきます。あと何か付いてた気がするけど、撮ってなかったな。

店舗情報

店名:博多魚旬 (食べログ
電話:092-733-6175
住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-11 第2ハリウッドビル 1F
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:00
定休日:日曜日