予想以上に旨い!!「家鴨軒」の夜限定夜スパ

IMGP4471

スポンサーリンク

福岡県粕屋郡志免町「家鴨軒」

先週の話

店主家鴨長「今度、猪肉が手に入るから食べるなら夜のスパイシーカレーで作るよ」

と言っていた。

それから1週間の時が経ち、昼過ぎに「シシ肉カレー作った?」と問い合わせると・・・

店主家鴨長「作れば良いっちゃろ、作れば!!」と逆ギレ返事が反ってきた(笑)

もちろん返事は「作るなら食べに行ってやろう」と返しといた(笑)

そして、上の写真がシシ肉カレーです。見た目は普通のポークカレー、いつもの夜カレーとはちょっと違うようで、シシ肉に合うカレーにヨーグルトとココナッツを使ったカレーとなっています。

シシ肉は大きくカットされてる。煮崩れしてないシシ肉は固いのか?と思ったら柔らかい。味は豚肉に近い感じで脂の甘さがカレーに出ている。と言ってもちゃんとカレーのスパイシーさや辛さはあって、シシ肉の旨みとカレーの旨さがマッチしてる。

予想以上に旨かった猪肉のヨーグルトココナッツカレー「家鴨軒」で、食べてみる?

※食べてみる?と書いてますが、シシ肉のカレーはありません。このあと残ってたシシ肉カレーは賄いとして全部食べたそうです。

今回はエピソード別に掲載、興味ある写真があればそのエピソードも読んでみてください。写真に興味なければすっとばして(笑)

エピソード:シシ肉カレー

いつまで、シシ肉のカレーがあるのか聞いてみたところ、この後「家鴨軒」スタッフが賄いとして食べて終わりだそうです。たまたま手に入ったので作っただけで、メニュー化する気もなければ、シシ肉を買うことも無いとのこと。

「シシ肉買ってくれば作るよ」と言ってので、みんなで一狩り行く?

ちなみに、シシ肉は通常であれば相当臭みが強い肉ですが、手に入れたシシ肉が上質な肉だったようで、臭みをまったく感じませんでした。適切な下処理を施された肉だったんじゃないかと、家鴨長は言っていましたがやっぱりくさい肉は臭い、それを感じさせない家鴨長の料理センスは凄い。そして、このヨーグルトとココナッツカレーも味見をしてないとか…恐ろしいことをさらっと食べる前に言っちゃうけど、ちゃんと食えるカレーと言うかめっちゃ旨いカレーになってるから、やっぱりこのチュルチュル頭はすげーっす。

エピソード:フィアット500

ちょうど食べ終わったころ、旧車乗りの常連さんがやってきて話題は店前に置かれているフィアット500の話へ。他のお客さん(と言っても仲の良い気心しれた常連さん)をほっぽり出して家鴨長と旧車乗り常連さんが表に出て行く、フィアット500のエンジンをかけて外で話をしている(笑)おれも付いていったんだけどねw

エンジンを掛けるために、ガソリン投入する店主家鴨長、お客ほっぽり出して何やってんの?w

エンジンがどうやら、吸気系がどうのこうの、ボディがどうなってるなど、なんとなく20年前の雰囲気に似てて懐かしい(笑)個人的にクルマは好きだが旧車は、あまりそそられない。なので私が言ったことは、1.5リッターエンジン乗せ換えしようよ。パワーウィンドにしようよ。フルオートのエアコン付けようよ。など旧車好きからしたら怒られそうなことばかりです(笑)

エピソード:スエチーノ

「家鴨軒」でラテアートと言えば、スタッフかとちん。家鴨長もできるらしいけど、記憶に残ってるラテアートはかとちん作だけなので、「家鴨軒」のラテアートと言えばかとちん(笑)そして、スタッフのすえちゃんも作れるらしい。

さっそく「スエチーノ作って~、カピバラ書いて~」と注文。無理難題押し付ける俺w

「カピバラですか!?」的な返事が返ってくる(笑)そりゃそうだw

↓出てきたカピバラがこれだ!!↓

カピバラ??

カピバラさんってキャラクタを何も見ずに記憶だけで書いたらしい、いやいやスマホとかパソコンそこにあるんだから、1回見ようよ(笑)どうやら記憶してたキャラクタとカピバラさんは別人だったようです(笑)

すえちゃんの名誉のためにちゃんとしたラテアートも載せておこう。

可愛らしいネコです。やれば出来る子です(俺は何目線だw)

今日も話題を色々と提供してくれて、ありがとう!!

ごちそうさまでした♪

店舗情報

店名:家鴨軒食べログ
電話:092-936-1893
住所:福岡県糟屋郡志免町志免1-1-24
営業時間:
月〜土:11:30~22:00 (LO21:00)
日・祝日:11:30〜19:00(LO18:30)
定休日:火・水曜日