福岡市博多区「十日えびす」の名物餅

IMG_7603

十日えびす

毎年1月8日から1月11日まで執り行われている「十日恵比寿神社」の正月大祭、商売繁盛のご利益を授かるために今年も行って参りました。今年も多くの人が参列してて、お参りするのに2〜3時間待ちが当たり前になりつつあります。

これだけ人が集まると、露天商も賑わいます。その中で気になるのが太宰府天満宮の梅ヶ枝餅、粒入りあんこを餅で包み軽く焼いたモノで、太宰府天満宮に行くとほとんどの人が買われる名物お菓子、その梅ヶ枝餅がここの露天商でも数多く出店しています。

しかしどうせ買うのであれば、ここ十日えびすでしか買えないお餅を食べて頂きたい。場所は毎年境内の近くにあります。その名も「十日えびす餅」白い餅とよもぎ入りで緑色の餅の2種類、太宰府天満宮のよもぎ餅が月に一度しか食べれないのであれば、十日えびす餅は年にこの時期しか食べれない。希少性で言えばこちらの方が珍しいw

価格は梅ヶ枝餅と同じ1個120円です。

梅ヶ枝餅と十日えびす餅の違いは、梅の焼き印があるか無いだけでほぼ同じなんですけどね(^^; 若干アンコが少ない気がするけど、気のせいでしょうねw でも縁起物でもあるし、年に一度しか食べれないので食べておきますw

年に一度しか食べれない商売繁盛のご利益を授かれる「十日えびす餅」、食べてみる?

IMG_7604.jpg

見ためはほぼ梅ヶ枝餅と変わりませんw 太宰府天満宮の梅ヶ枝餅も店によってちょっとづつアンコの甘さや焼き具合、餅の固さなど違いますが、十日えびす餅はこの1店舗しかありません。餅は柔らかく焼き具合も軽めアンコの量は少なめで甘さも控えめのお餅でした。

今年は参列中の参拝客の中に知り合いが1人と知り合いっぽい人が2〜3人居たw 毎年、誰かに会う祭りでもあるw

今回は店舗情報無しw