福岡市中央区「博多魚旬」でゴチになった

舞鶴のちょっと中に入ってったところにある「博多魚旬」
基本はカウンターに座ります。
テーブル席もありますが、席が空いているのであればカウンターに座るお寿司屋さん。
目の前には大将が居て、傍らで奥様がお茶を淹れたり、お吸い物を注いだり、と忙しく動きまわっています。

テーブルに座ると寿司下駄に全部乗って出されますが、カウンターに座ると大体3貫づつ握っては出し握っては出しくれます。握りたてが食べれるお寿司屋さんです。

ランチは700円だけあります。
握り7貫ぐらいに手巻き寿司1つ、海苔巻き1つ、貝のお吸い物が付いたセットメニューです。
仕入れ具合によって変わりますが、マグロ、イカ、エビ、サーモン、タイ、白身魚の何かw、築地玉子焼きの握り、太巻き、ネギトロの手巻きが基本構成です。そして良いネタが入った時にだけ登場する1000円のランチ。700円ランチに大トロ、中トロ、穴子、生うにの軍艦が付いてきます。

どれも新鮮なのは当然で、十分お腹いっぱいになる量です。

1000円のランチがお得感満載の「博多魚旬」で、食べてみる?

これが700円ランチの握りセットです。これに手巻き寿司が1つ付いてきます。↓

ネギトロの手巻き寿司で、手渡しされます。
置く場所が無いので頂いたらすぐに食べること!!(笑)↓

穴子に中トロに大トロは1000円ランチだけ↓
たまにサービスで出てくる大トロもあります(笑)↑
こちらも1000円ランチの時に出てくる生うにです。↓

ケチられることはありませんが、大将の機嫌が良いと700円のランチでも、大トロをポンっと出してサービスとか言う時もありますし。

良いネタが入ると、1000円を奨めてきます。700円が1000円のランチになると高いんですが、大トロ、中トロ、穴子、生うにが+300円で食べれると思えば、かなりお得感があって損は無いかな。大将は「1000円ランチはうちが損なんだよね。」と(笑)
しきりに、「夜、来てよ、昼来てもらっても、うちは儲からん。」と言ってきます。
まだ1回も行ったことないくて、申し訳ないです(^^;

でも、ランチメニューと同じ質で出すならコストパフォーマンスが良い夜メニューな感じです。

んで帰る前に
同僚が「今日は奢りますよ。」と競艇で過去最高の大穴を当てたらしく、懐具合が厚かったようです。
と言うわけで、この日の1000円ランチは奢ってもらいましたとさ。
ありがとう♪

店名:博多魚旬 (食べログ
電話:092-733-6175
住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-11 第2ハリウッドビル 1F
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:00
定休日:日曜日