博多区「かえる食堂 蓮」29日は肉の日!!

熊本県産牛ヒレ肉のステーキ定食編
黒毛和牛の牛ヒレステーキ、180gぐらい?(←かなり適当w)のフィレ。
十分熱せられたフライパンに、オイルを敷きニンニクを入れ香りを付けながら、フィレ肉を投入する。
中火から弱火でじっくりと焼きを付ける。表面に焼き色が付けば、一旦フライパンから上げてアルミホイルに包む。中まで火が通るように、しばらく置いておく。
そこから、付け合わせに火を通し、鉄皿を熱して、フィレ肉を戻す。
ジューと言う音と共に、お待ちどう様ですと運ばれて来ます。

フィレ肉は、脂身が少なくいつもの塩やわさびでは、あっさりし過ぎる。
店長のオリジナルソースとは言え、ソースの味にしてしまうのは、もったいない。
何も付けずに頂くのが、この肉の味わい方である。(←やっぱりテケトーw)
店長の焼き方や塩加減など調理技術が素晴らしいからなんでしょうけど、今回はこの肉質に注目して頂きたい。

たぶん誰が焼いたってうめーって言える肉、素材が素晴らしいからであるだろう。こんな上質の肉を低価格で出せる蓮の買付担当は、がば凄か人ばい。

秋の取れたて新米の白ご飯編
そして、白ご飯。
蓮では、十穀米と白ご飯が選択できる。ヘルシーな十穀米が人気なんだが、この日は「今日、新米やけんバリ美味かっとて、白ご飯ね」とよっぴーが決めたw よっぴーが言う通り旨かったw

金星佐賀豚のとんかつ定食編
佐賀産の豚を使った豚カツ定食。こちらも出て来たら、まずは何も付けずに食べて頂きたい。ソースや和からしなど用意してあるが、何も付けずに。
豚そのものに塩胡椒、それに蓮オリジナルの味付けがしてある。その味付けが豚の旨さや甘さを引き立てる。何も付けずに豚肉の旨さを豚カツで味わえるのだ。
ソース付けるとそれはそれで旨いんだけどねw
そして、この豚肉でこの量を食べると、ちょっと小洒落た店なら2000円は超えるであろう、そんだけ高いブランド肉なのだ。それを低価格で…
やっぱり、ここの買付担当は凄かバイ。

最後に雑炊編
「バリ旨か鶏スープがあるけん、雑炊しちゃるね」とよっぴーが出してくれた。蓮の水炊きは鶏の旨さが凝縮された白濁のスープだが、今回のスープは白濁にならないように、丁寧に丁寧に作られたスープ「このスープ、バリ透明かけん」とよっぴー談。
しかし、そのスープの透明度を知ることは無かったw
ぐつぐつ煮立った雑炊、凝縮された鶏の旨さがぎゅっと詰まっていて、濃いけどさっぱり食べられる塩をちょっぴり掛けて食べるのが最高に旨い!!
早く蓮の水炊き食べたいなと思った瞬間であったw

あるしこメニューも定番メニューもバリ旨か「かえる食堂 蓮」の定食、食べてみる?

こちらとんかつ定食です

今回の写真は、いくつか新しいカメラで撮った物が含まれております。
オリジナルサイズではなく縮小のJPEGですが、いままでのカメラとは解析度が違う。
さて、何を撮りに行こうかな。

店名:かえる食堂 蓮食べログ

電話:092-503-1199

住所:福岡市博多区浦田1丁目5-36

営業時間:
平日 11:30~15:00、18:00~24:00
土曜 11:30~16:00、18:00~24:00
日曜 11:30~16:00、18:00~22:00

定休日:月(月一回で日曜も)

コメント

  1. もぐもぐ より:

    美味しそう!!もう、うらやましすぎますっ!!

    新米もほかほかと炊けていいですね〜。
    どの写真も画面の前で口半開きでヨダレが出ちゃってます(笑)

    お肉はレアな感じに見えますが、食べたらどんな感じなのか!?と妄想してると、ニマニマ顔が止まりません(笑)

    もう写真見るだけでも嬉しくなるくらい美味しそうなのですが、一度は行ってみたい!!
    こんな美味しそうなお店に通えるのが、とっても羨ましいです(人´∀`).☆.。.:*・゚