博多区「牧のうどん 空港店」うどんの日だったなので

賛否両論、何かと話題になる「牧のうどん」
「牧のうどん」と言えばかずさんなわけで、やっぱりかずさん流のカレーうどんも気にはなるわけですが・・・

「牧のうどん」の特徴は、麺にコシがなく柔らかい。さらに製法が特殊なため、麺が出汁をどんどん吸い込んで伸び、ゆっくり食べていると見かけの麺の量が増えてしまう。
したがって

「食べても食べてもなくならない魔法のうどん」

とも言われています。
ここらへんが賛否両論の理由ですね。

しかし、私はいつも鴨うどん。
なぜか?と言うと、麺が増えないんだもんw
鴨うどんはスープが特殊で、麺がスープを吸わない(吸いにくい)ので延びないのです。
でも普通のうどんに負けないぐらい、牧のうどんらしい旨さのうどんです。

福岡の名物と言って過言ではない「牧のうどん」のうどん、食べてみる?

忘れてはいけない、かしわめし

これスープ(出汁)なんで飲まないようにねw

ちなみに7月2日が、うどんの日ってのは

毎年7月2日頃に暦の上の「半夏生(はんげしょう)」が来ますが、この日を「うどんの日」と1980年に香川県生麺事業協同組合が制定し、以来「半夏生」の日が「うどんの日」になっています。(2011年は7月2日)

(出典元:そば・うどん業界.comより)

店名:牧のうどん 空港店(食べログWikipedia

電話:092-621-0071

住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-30

営業時間:10:00-23:00

定休日:なし?