大野城市「甚徳うどん」は変わり種がいっぱい

生姜焼き

少々前に、うどんの事を知人と話をしてたとき、大野城市にある「甚徳うどん」も美味しいよ。と聞いていた。
あまり、うどん屋に行かないので、すっかり忘れてたんですが、急遽思い出して行ってきました(笑)

温かいうどんやそば以外に丼ぶりや定食、カレーライスなどもあり、店の雰囲気もうどん屋さんと言うよりも、ごはん処と言うような感じです。

さて、冒頭の写真ですが…

初めて伺ったうどん屋なんで、うどんを食べようと思ってメニューを見ると、変わり種ですが炎味ってのがTVで紹介されたとあったので、それにしようと思っていました。
野菜や卵、肉味噌など入った四川風のうどん、坦々麺っぽいのかな?

そして、注文を告げる直前に“生姜焼き定食”の文字が目に飛び込んできて、変えてしまったのです(笑)
どうやら、生姜焼きを食べたくて仕方なかった体が勝手に判断したようです(^^;

生姜焼きは、昔ながらの家庭で食べるような豚肉の生姜焼き、きちんとショウガが効いてて、懐かしさを感じるような味です。
さらに、味噌汁に感動(←大げさw)、豆腐と椎茸が入った味噌汁ですが、ちゃっちゃと片手間で作ったような味噌汁では無く、ちゃんとダシが効いている味噌汁。こちらも懐かしい感じの味噌汁でした。

未確認だけど、ご飯大盛りは無料っぽいし、生姜焼きの量も満足する量、普通サイズのご飯にしたら足りないぐらいです。

懐かしい味の生姜焼き定食「甚徳うどん」で、食べてみる?

生姜焼き定食
とろ~りピンクうどん
トマトとチーズのイタリア~ン

イタリアンなうどん、うどん麺が少し細めの手打ちで、チーズとトマトの味でイタリアンを表現、意外と言うかなかなか旨いw

麺が2種類入ってます

白い麺と黄色い麺。同じ鍋で茹でてて、偶然紛れ込む事故では無く、故意に混ぜられていると思います。
どちらもご主人の手打ち麺で、白い麺はオーソドックスなうどん麺、若干細麺でコシがある麺です。博多うどんとはちょっと違う麺です。
黄色い麺はウコンや青汁、コクの実を練り込んだ宝美麺、体によさそうな物が他にも練り込まれているようです。

どの料理にも最後にサービスで
コーヒーが付いてくるようです

他にチキンカツ定食や、カレーライス、焼肉定食などもあります。
麺類も、とろ~りホワイトうどん(豆乳ちチーズ)、万菜(野菜や肉、シーフードともちが入ったうどん/そば)、四季ちらし(冷たい麺と季節の野菜をドレッシングで)などあります。

次こそは、このお店のメインである、うどん類を食べますw

店名:手打ち甚徳うどん(食べログ

電話:092-573-7037

住所:福岡県大野城市白木原5-2-1

営業時間:?~21:00

定休日:月曜日?