新しいお好み焼き「京ちゃばな 新大阪駅店」のトマト系お好み焼き

福岡へ帰る前に新大阪駅にある「京ちゃばな 新大阪駅店」へ行ってきました。

「京ちゃばな」は京都を中心に大阪や兵庫に展開するお好み焼き屋さん、各店舗は古い鉄板スタイルと京都のベーシックスタイル、それに新感覚スタイルを加えた3スタイルのいずれかに属している。
大阪にある店舗は、ほぼ新感覚スタイルとなっているので、ここ新大阪店も新感覚スタイルの店になっています。
※他の店舗に行ったことないので、他のスタイルがどんなものかは知りませんw

新感覚スタイルとは?

これまでのお好み焼に新たな感動を。
「ん!?これは!?」と楽しめる新たな味わいと感動。
京ちゃばなの想いを盛り込んだ個性あふれる新感覚。

らしいw
で、注文したのは、この店で一番人気の豚肉とモッツアレラチーズのトマトお好み焼き。
このトマトお好み焼きが「京ちゃばな」の新感覚スタイルが出してきたお好み焼きだ。

注文してしばらく待つと、店員が焼き上がったお好み焼きを持ってくる。
お好み焼きは、綺麗な円を描いていて、その上にソースが絡んだ豚肉とたっぷりのモッツアレラチーズが乗っている。
そのお好み焼きを鉄板の上に置くと、「生のトマトが入ったソースを上から掛けるのが、京ちゃばなのお好み焼きとなっております」と店員が告げる。と同時に別の器に入ったソースを掛けだす。
お好み焼きから溢れるほどソースを掛けると、熱した鉄板にソースが乗り、ソースの焼けた臭いと煙で、これがお好み焼きであることを再認識させられる。

ソースの量が多く、刻まれた生のトマトがゴロゴロしているので、見た目はお好み焼きに見えないw
お好み焼きは、キャベツたっぷりで、生地がトロトロ。
お好み焼きを食べていると言うよりも、もんじゃ焼きに近い食感。
そこに、豚肉が数枚とモッツアレラチーズがたっぷり乗っている。

ソースが一般的なソースではなく、トマトが混ざっているからかデミグラスソースに近い味、トッピングに大葉が乗っているのと、生トマトで思いの外あっさり食べれます。
なかなか食べることがないお好み焼きだが、これはこれで有りか?

お好み焼き食べたいって時は、別のところに行っちゃうだろうけど(笑)、この新感覚スタイルのお好み焼は、また食べてもイイね。

新地や道頓堀でも人気の「京ちゃばな 新大阪駅店」新感覚スタイルのお好み焼き、食べてみる?

綺麗に撮れてなかった...

光が・・・w

写真がイマイチで申し訳ないw
実際にはもうちょっと美味しそうに見えるし、美味しいので機会があれば是非一度ご賞味あれ。

店名:京ちゃばな 新大阪駅店

電話:06-6152-8751

住所:大阪府大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル 2F

営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:30)

定休日:年中無休