鶏のキンカンを食べさせてくれた「真純家」

職場の忘年会で「真純家」に行ってきた。

鴨の生ハムのサラダ

焼鳥のセット1

焼鳥のセット2

焼鳥のセットに付いてくる地鶏炭火焼

ダチョウのたたきのバルサミコソース

さがりのトマト煮

鶏のキンカン
福岡市の地下鉄西新駅から徒歩5分のところにあります。店舗は2階で2階への階段入口が狭く見逃しやすいですが、「ますみや」と書かれた看板が置いてあります。店内は狭く、カウンター8席?で小さいテーブルが4つ程度、座席数はそこそこありますが、ちょっとギューギューに座る感じです。予約か電話確認して行かれた方が良いと思います。
焼鳥を中心にジビエ料理や鴨料理などが、揃っています。今回は食べてませんが、ホロホロ鶏や鳩などを使った料理もありました。メンバーが普段食べなれないモノは食べないって人が多かったので、残念ながら食べれなかった。しかし、ダチョウは食ったぞ(食べたことあったんだけどねw
そして、店主がこれ焼酎に合うからってサービスで持ってきてくれたのが、鶏のキンカン。プチトマトぐらいの大きさで、プチトマトの様に口の中で薄皮が破けると、中から液状の物が出てくる。まろやかでありながら、若干酸味がある。口当たりは超軟水のような不思議な感じ。そして中心に丸く固まった物がある。噛んでみると、チーズのような食感と味。若干臭い感じもするが、面白い。珍味と言う感じの食べ物。店主にキンカンの正体を聞くと、卵を産めなくなった雌鳥の体内にある卵の形成をする前の物だそうだ。外の薄い膜がしだいに白く硬くなり殻となる。中の液体は透明になり白身へ。黄色い部分がチーズのような丸い塊のもの。それを醤油や調味料に漬け込んだ物で、まさに珍味だ。
ここは、初めて行った店なんですが、店主の方が気さくで話かけてくれる。他のテーブルにも、そのテーブルで飲んでるお酒や食事を見て、これ合うから食べてみてと別の物を出していた。食べるものもなくなり、それでも飲んでるとメニューに無いスナック菓子を持ってきてくれた。これは300円頂戴ねって言いながらw まぁー、300円以上の量はあったし、摘める何かが欲しいと思ってたところなので、誰も要らんとは言わなかった。(と言うかいつまで飲んでるや、こいつらは・・・w
他にも食べてみたい料理や、美味しそうな料理がメニューに載ってる。今回食べた料理もどれも旨かったので、また行こうと思う。次は冒険心が強いメンバーも連れて行きたいw
ちなみ、某有名人のお気に入りの店らしく、わりと古くからある店なので、お客さんはいつも多いようです。

ホロホロ鳥やダチョー、鳩のジビエ料理を美味しく出す「真純家」で食べてみる?

店名:真純家

電話:092-841-6011

住所:福岡県福岡市早良区西新5-2-3 SKビル 2F

営業時間:
[月~土]18:00~24:00
[日祝]18:00~23:00

定休日:水曜日