2012年を反省する会を「とり皮屋 勝軍」で

この日は、本職の仕事と縁もゆかりもないところで、某有名店のおせち作りを手伝いに行ってきた。目当ては賄いw 昼夜の2食を食わせてくれるというのでw やった事と言えば、重箱洗ったり、ちょっと詰め物したりなんですけど、ちょっとだけ魅せてもらった料理の技や、見習い調理師にするレクチャーを聞けたのは、なかなか貴重な体験でした。

そして、おせち作りも終わり、バイト仲間?と打上w 2012年大反省会と称して「とり皮屋 勝軍」へ行って来ました。

勝軍とり皮

勝軍つくね

ずりやなんやかんやw

下仁田ネギのホイル焼き

ダルム

名前は聞いてた店なんですが、飛び込みみたいな感じで入った店。もう遅い時間だったのもあって、人は少なかった。

勝軍とり皮は、「とりかわ粋恭(ブログの記事)」と似てる、あそこまでぎっしりでは無いけど、オリジナルのタレに漬け込んであって、皮をぎっしりと寄せてありこんがりとやいてある。皮なんだけど食べごたえある一本でした。

他の串も美味しい、串が焦げてないわりに、ちゃんと身に火が通っている。でも、硬すぎずで、満足する串でした。下仁田ネギのホイル焼きも旨い、これメインに持ってくるのは、インパクトが足りないけど、行ったら絶対頼みたい一品です。

そして、ダルムがある!!久留米人には馴染みのダルム、私も地元に帰って焼き鳥屋に行くときは、必ずダルムを頼む。福岡でもダルムを出している店が何店舗かありますが、久留米が本店の店なら美味しいダルムを提供しています。ダルムがホルモン系で臭みもありこってりしてる事もあって、福岡独自で出している店は薄っぺらに焼いてくる。これは旨くないw 一般人ウケが悪いんだろうけど、久留米のダルムのように肉厚で出して頂きたいw ここ勝軍は肉厚のダルム、独特の臭さに噛み切れない歯ごたえw やっぱりダルムはこうでないとw

ちょっと甘めのタレに漬けてこんがり焼いた勝軍とり皮や、久留米のダルムが食べれる「とり皮屋 勝軍」で焼鳥、食べてみる?

店名:とり皮屋 勝軍

電話:092-731-0707

住所:福岡県福岡市中央区舞鶴3-2-5 アイビル 1F

営業時間:17:00~23:30

定休日:日曜日

ちなみに、この日食べた賄いはこちら。

白身の魚をパリパリに焼いて、独自のタレにかけた物

おぼろ昆布と酢で絞めた白身魚で
サーモンとチーズを巻いた物

他にも色々小鉢的な物を頂きました。ばりうめーw 5,000円のランチを出すところげなもんw そのうち行ってみようかなと思うけど、いつのことやらwww