「博多もつ鍋 煌梨」の煌梨オリジナルとろろモツ鍋は絶品

11月07日は、もつ鍋の日らしいので「博多もつ鍋 煌梨」へ行ってみた。

煌梨鍋(とろろ)

見えるのはニラと揚げ豆腐と真っ白いとろろ

見えにくいけど、よそったキャベツと揚げ豆腐とモツ

〆はラーメン玉

明太入り揚げ豆腐

手羽煮

「博多もつ鍋 煌梨」はもつ鍋屋で、メニュー自体はもつ鍋以外少なめです。サラダや小鉢などの一品料理、それに手羽煮やスペアリブなど肉料理の一品が数種類あります。今回は少人数で行ったので、人数分の手羽煮ともつ鍋だけ。あ、アルコールは色々揃ってましたよ。(お好きな方はどうぞw)

もつ鍋ですが、鍋のベースが色々選べます。女性人気No.1のみそ、スタンダードなしょうゆ、にんにくが入ってない塩、20種類以上の辛味を入れた辛みそ、独特のコクを出すマー油、そして煌梨鍋、全6種類。

今回は、店の名前も入っている煌梨鍋にしました。煌梨鍋は

「とろろ」は生のヤマイモ(ナガイモ)をすりおろしたもので、当店オリジナルスープに加え、今までにないもつ鍋の口あたりをご提供しています。想定する以上の野菜・特上牛モツとの相性に、ヘルシーなのに、とろろによりもたらせる満腹感に驚きの声が寄せられる、新食感もつ鍋です。

だそうです。

メニューの写真を見てるので、そこまでの驚きはありませんでしたが、やっぱり一面とろろの鍋が来ると「すげー」と言葉が出てしまいました(笑)ベースはしょうゆ味のモツ鍋ですが、このとろろと一緒に食べることで、こってりなモツもあっさりと感じます。またとろろ独特のとろみが鍋全体に行き渡っているのか鍋のスープが若干あんかけっぽくなり、キャベツやもやし、ニラ、ごぼうなども、スープとよく絡んだ状態で口に入るので、各具材単体の味ではなく、一口一口がもつ鍋の味で口に広がります。また取り皿によそった具材もとろみのあるスープのためか、最後まで熱が逃げず熱々で食べれます。

モツは特上壱岐牛モツ、ぷっりぷりで濃厚なモツの味、しかし臭みはまったく無い。

当店独自の処理方法で下処理した特上壱岐牛モツ(ホルモン)は、誰にでも食べていただきやすくなっていますので、今まで牛モツが苦手とされてきた方にも是非、ご賞味いただきたいと思っています。

とのこと。旨いけど苦手な人はもつ鍋屋に来ないだろうな(笑)

豆腐が普通の豆腐では無く、揚げ豆腐になってます。他にも揚げ豆腐を使っている店はあるのですが、ここの揚げ豆腐は揚げたてで出てきます。これがなかなか豆腐に味は染みないのが欠点かもしれませんが、衣に味が染み揚げ出し豆腐のような感じになって、サクサク感も残って食感、あじ共に良いじゃないですか。1人1個しか付いてこないので、追加すると中に明太が入った揚げ豆腐が出てきます。これはこれで単体で食べるには旨いけど、鍋に入れるには明太は無くてもイイかもw

最後の〆は今回ラーメンにしましたが、ちゃんぽん麺、雑炊セットもあります。そして、うどんと蕎麦もあります。先日ラジオでもつ鍋の〆に蕎麦も旨いと言ってたので、これは試してみたいですね。ラーメンはちょっと固めで伸びにくい麺で、もちもちと言うよりぷりぷりした感じの麺でした。次は蕎麦チャレンジしてみたいな(笑)

一品料理の手羽煮もしっかり煮込んであって、しかもホロホロでこれも旨かった。他の一品肉料理も気になるところで、こちらも次回チャレンジしたいな。

店名:博多もつ鍋 煌梨

電話:092-713-0507

住所:福岡県福岡市中央区警固2-12-19

営業時間:18:00~24:00

定休日:火曜