うどんとそばの発祥の地は福岡

博多千年煌夜(博多ライトアップウォーク2012)で綺麗な枯山水をライトアップしている承天寺。ここには、「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑が建っている。

うどんと蕎麦は、ここ博多が発祥とされています。

博多千年煌夜(博多ライトアップウォーク2012)の期間に、博多発祥の中世博多うどんと蕎麦の出店が出ていました。

ざるそばもあったけど、寒いのでシンプルながら温まりそうな、きつねそば。こちらは至って普通ちゃ普通でした(笑)、伝来当時のイメージで作られているらしいですけどね。

うどんも、伝来当時のイメージで作られたモノで、中世博多うどんと言います。スープはあっさり薄味で、麺が若干茶色いのが特徴だとか・・・、気にならんかったw そのうどんですが、博多うどんはコシが弱いと言われてますが、麺が柔らかいためスープの味が染み込み、麺も芯から熱々でうどん全部を熱々のまま食べることができます。また柔らかいので、飲み込むが如く麺を一気にすすることもできるのが、特徴だと思われます。それに、福岡で天ぷらうどんと言えば丸天うどんです。と言うわけで丸天が乗ってます。これも博多では定番なだけあって、旨いです。

うどんの方は、中世博多うどんと言う名前を使って、承天寺近くのお店や御供所町の中に何店舗かお店があります。どの店もお客さん繁盛で美味しいらしいですので、そのうち行ってみたいと思います。

PS.博多ライトアップウォーク2012の様子は「ねたのたね」で近日公開です。

店名:中世博多うどん、きつねそば(イベント専用なのでリンク無し)

電話:?

住所:御供所夜市内

営業時間:博多千年煌夜(博多ライトアップウォーク2012)期間中

定休日:期間外